院長からのメッセージ

小児科専門医の矢田公裕です。

このクリニックは、子どもの成長を一番に考えた診療を心がけています。
医師・看護師・心理士・保育士・管理栄養士などの専門職も配置し、様々な角度から子どもたちをみています。

病気にならないように、病気になってもすぐに治るように治療やケアを提供しています。
抗生物質の乱用は子どもにとって悪影響があります。必要最小限にとどめています。

小児科ですから、病気の治療は第一番ですね。そのために必要な検査や注射もいたします。ちょっと頑張ってくださいね。診断のためだけの検査はしていません。あくまでも治療に必要なものだけをいたします。それが子どものためだと考えています。
治療も、子どもたちの持つ回復力を最大限に高め、不必要な薬は使わないようにしています。<なんでも薬。とにかく注射。>と言うような対応は子どもが強くなれません。看護師をはじめスタッフが色々な家庭看護の方法をお伝えしますので、お家で実践してくださいね。

予防接種はできるだけ痛くないように!!

予防接種も、VPD(ワクチンで防ぐことのできる病気)から子どもを守るために積極的に行なっております。抵抗力を作り、病気に強い体を作ります。病気に罹った方が強い免疫を作ると言うのは間違いではありませんが、重症化する危険性がありますし、赤ちゃんなどにうつすことを考えれば罪です。
そうと言っても痛い注射は嫌ですね!極力痛くないような接種方法を行っています。(乳児への注射は泣くのは避けられませんが、、、)さらに痛くないように研鑽します。また、同じワクチンでも痛みの少ないものもあります。複数の種類があるワクチンは一番痛くないものを選んでいます。

アレルギー疾患(気管支喘息、アレルギー性鼻炎、食物アレルギーなど)・夜尿症・心臓病・発達障害の専門外来をおこなっています。

今、子どもたちの環境が激変して、色々な問題が出てきています。これまで研修・研究してきた成果を専門外来で行っています。民間療法も否定はしませんが、まず初めは専門医でご相談ください。

病児保育は子どもにとって第2番目の療養の場です。

病気の時に父母から看護してもらった記憶は皆さんお持ちだと思います。つらいときほど安心感が欲しいものです。ですから第1番の療養の場はご家庭です。そうは言っても、どうしても仕事が休めないと言うようなことはあるでしょう。病児保育室クローバーはそのような時のための第2番目の療養施設です。家庭の次に安心して休める場を提供します。

親子関係を中心にした子育てを応援しています。

ペリネイタルビジット(出生前後小児科訪問事業)、乳児健診から始まって、乳幼児や児童・生徒の育ちに至る「健康な子育て」を応援しています。母・父・子どもの生きていく力を最大限に引き出してあげたいと考えています。外部からの安直な手助けではありません。
発達障害が言われていますが、子育ての健全化で改善するものも少なくありません。安易にレッテルを貼らず、相談をしてくださいね。子どもは決めつけるとそのように育ってしまいます。
すくすくルームふたばでは保育士・保健師・臨床心理士を置いて、支援をしております。
火曜日と土曜日には心理外来も設けて、対応しております。


別府市医師会 会長
別府市医師会看護専門学校 校長
別府市こども子育て会議 委員
別府市教育支援委員会 委員
 
大分県小児科医会 副会長
日本小児心身医学会 評議員
日本小児科医会公衆衛生委員会 委員